軽トラキャンピングカー製作14(壁面の下地を裏側も着手、ベッド延長部分の画期的?アイディア)

初回投稿日2021年05月30日
最終更新日2021年06月02日

画期的なキャンピングシェルを作ってみたい

手間がかかるけど見かけがあまり変わらないという気の重くなる場所がもうすぐ終わります、一日中作業をしても家族から今日は作業は休みだったのと言われた日もあります(泣)

その分バンクベッドやハッチバックドアのアイディアを考える時間ができてます

助手席側の上部の下地と断熱材

時間のかかる傾斜のある壁面上部がほぼ終わりました、ここは壁面に取付けるものが窓くらいしかないので角スタッドを支柱にしています

ここの上部のランナーを外してここから断熱材や窓を入れてきました、最後に支柱と断熱材とランナーをセットにしてはめ込みます

左右にずらしてランナーにビスを打つスペースを空けてあります、ここには後で上下2分割した断熱材をはめ込みます

断熱材と支柱を左右にずらしながら上のランナーのビスを打つ

運転席側の上部の下地と断熱材

こちらの壁面の上部には手すりが付きますので2箇所に45×45mmの角材を手すりの固定金具の位置に入れます

赤が木材の支柱

赤が木材の支柱

 

材料が足りなくて断熱材を切って途中で終わりました、あとは下地の支柱2本と窓枠をはめれば上が終わります

下はテーブルやテレビの壁掛け金具など木の下地が必要な場所が多いです、テーブルのサイズや位置をもう一度実物で合わせてみながらの作業になります

イメージと実際に中で腰掛けてみての感覚と違ったりしますからね

晴れてるうちに外壁と屋根まで終わらせて雨の心配をしなくてすむようにしたいですね

ベッド延長部分の画期的?アイデイア

「バンクベッドの延長」「バンクの荷物の落下防止」「バンクの目隠し」1つで3役のベッド延長部品のアイディアです、700mm延長で1900mmのベッドになります

2分割して450mmの方をバンクの柱に立てかけるようにします、柱に支えられるのでガッチリした落下防止になります、250mmの方は小さいのでバンク手前の床に置いても邪魔になりません

 

ベッド延長部品

ベッド延長部品

柱への固定は柱が金属なのでマグネットで考えてます

45cmと25cmのサイズ感です

断熱材で試した45cmと25cmのサイズ感

最後まで見ていただきありがとうございます

関連記事
軽トラックのサイズ、スズキのHPより引用させていただきました 軽トラキャンピングカーを作ろうかな(基礎知識と何でかな〜編) キャンピングシェル側面 軽トラキャンピングカーを作ろうかな(設計編) 軽トラキャンピングカーを作ろうかな(最終検討いくらかかる編) 側面のレイアウト(助手席側) 日本一周の経験から軽トラキャンピングカーの室内レイアウトを考える