軽トラキャンピングカー制作39(FRP補修と塗装)

投稿日 2021年11月24日
更新日 2021年11月24日

画期的なキャンピングシェルを作ってみたい

バッテリー上がりの対策をしました

なんと今度は車のバッテリー上がり

キャンピングシェルのバッテリー上がりは3日もかけてやっと充電が終わりました

キャンピングシェルの作業の為にフリードスパイクを動かそうと思ったらドアが開きません
車のキーの電池交換をしてもダメです

非常用のキーでドアを開けてエンジンをかけようとしても反応なし
結局このバッテリーがダメなようで充電器を繋いでもバッテリー不良のマークで充電できません

歩いてバッテリーを買いに行きました、オープン前からタイヤ交換の行列です
重いバッテリーを運んで今日のトレーニングはしなくてもよいくらい疲れましたね

急いでいなければAmazonで買う方が安くて楽だったんですけどね

バッテリーの交換作業は楽だったんですが新しいバッテリーを接続した途端に盗難防止のクラクションが鳴り響いたのには焦りました
バッテリーが切れていたのでロックが解除できなかったからのようです

キャンピングシェルのバッテリー上がりの対策もしました

バッテリー上がりに懲りてキャンピングシェルにソーラパネルを接続しました
キャンピングシェルの横の屋根に仮設で置きました

配線も間違っていなかったようで順調に充電してくれてます
充電器でフル充電してあったのですがさらに充電してくれます、このチャージコントローラーは高いだけあって良いみたいですね

FRPと塗装の作業

FRPの手直し

ガラスマットが浮いた部分をサンダーで削ってもう一度FRPを塗ります

なんか逆に悪化したような気がしますが硬化したらサンダーで削り平にします
防水が弱くなると困るので削り切れないのが難点です

FRPが硬化するまでシェル内で昼休みですが自分の部屋と思ってる猫がいました

味噌ラーメンを作って調理台のテストをしましたが良い感じです

FRPへの塗装を開始しました

屋根から塗装をスタートしました

ある程度の凹凸は塗装で誤魔化せると思ったんですが逆に凹凸が目立ってしまうのが計算外です

正面はまあまあです

遠目で見るとまあまあに見えますが上部の凹凸が目立ちます

日が暮れてきたので今日の作業はここまでです
近づくと目立つ上部の凹凸をどうするか思案中です

最後まで見ていただきありがとうございます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です