車中泊用換気扇を3台作った経験で、初めてでも簡単に作れる方法を考えてみた

初回投稿日2020年05月27日
最終更新日2021年09月13日

車中泊用換気扇まとめ

車中泊用換気扇3種類作成しました

車中泊に絶対必要なものを1つ選ぶとすれば
私は換気扇を選びます

換気扇が重要なわけ
とにかくしっかり寝ないと車の運転も危ないですし、旅行も楽しめません
・車内には湿気や匂いがこもりやすい
・中で食事をするなおさらにこもる
・真夏でなくても締め切りでは蒸し暑いです
・窓を大きく開けて寝るのは無用心ですし朝方は冷えます
・窓を少し開ける位では空気は入れ替わりません
・炎天下では車内は高熱になります、換気扇がなければクーラーボックスや冷蔵庫も役に立たなくなります
車中泊用換気扇はキャンピングカーや専用車であれば市販の換気扇を取付すればすみますが、私を含め車を車中泊専用にできない方がほとんどです

車種によっても窓の形がいろいろでちょうど良い物は市販されていません
そこで知恵を絞って自作する方が多いと思います

形を変えたり、ファンを変たりして3種類作ってみました

車中泊用換気扇1号機
製作の様子はこちらの記事です
換気扇内側車中泊快適化アイディア 換気扇製作1号機

1号機の特徴
温度表示はありませんが温度センサースイッチを付けてます
風量はスイッチで回すファンの数で調整します
上から全部切、右、中央、左の順になっています
ファンを通して中が見えるのが欠点です
車中泊用換気扇1号機 内側

車中泊用換気扇1号機 内側

1号機スイッチ類

1号機スイッチ類、温度センサースイッチの動作ランプが点灯しています

取付はクッションを厚くして窓ガラスに挟みます

取付はクッションを厚くして窓ガラスに挟みます、ガラスに取付位置をテープで印をつけておきます

目隠しにプラダンで作ったカバーを付けます

目隠しにプラダンで作ったカバーを付けます、赤い目印に換気扇が合っていれば横はまります、窓の締め具合で下側が微妙です

車中泊用換気扇2号機
製作の様子はこちらの記事です
車中泊用換気扇完成1車中泊快適化アイディア プライバシー対応換気扇製作
2号機の特徴
外側に目隠しをつけて中が見えない様にしています
右側のつまみで全体の風量を調整でき
中央のつまみで個別にも調整できます
温度センサースイッチで設定温度で入切します
車中泊用換気扇2号機

車中泊用換気扇2号機 内側

車中泊用換気扇2号機外

車中泊用換気扇2号機外

車中泊用換気扇3号機
製作の様子はこちらの記事です
車中泊換気扇3号機 内側車中泊用換気扇3号機(クロスフローファン )
3号機の特徴
軽くなりました
クロスフローファン の音が少し大きい
リモコンで風量調整もできます
温度センサースイッチで設定温度で入切します
車中泊換気扇3号機 内側

車中泊換気扇3号機 内側

モーターの排熱口を外側にしました

車中泊用換気扇3号機外側

製作に自信がなくても工具が少なくても作れる方法を考えてみました

車中泊用換気扇を作りたいと思っても工作に自信のない方や工具を持っていない方が多いと思います
そこで工作技術に自信が無い方、工具を持っていない方、時間がない方でも作れそうな方法を考えてみました

作りやすい材料はどれか
・ファンは12センチのUSBファン
・電源はモバイルバッテリー(手持のモバイルバッテリーでも可)
・木材(ホームセンターでカットしてもらい自分では切りません)
・プラダン(カッターで加工できます)
木材とプラダン

木材とプラダン

作りやすい形は
・1号機と同じく窓ガラスにはさむ固定方法
・ファンは2号機と同じ固定方法
・目隠しは1号機と同じくプラダンで
簡単車中泊換気扇

簡単車中泊換気扇

STEP.1
材料を準備します
1、USBファン・モバイルバッテリーはAmazonなどで入手
2、木材はホームセンターで購入します
木材は2種類購入します
縦2.5cm X横2.5cm長さ91cmの角材を購入して
12cmを2本、29cmを2本にカットしてもらいます
可能であれば1〜2mm長めに切ってもらいます
縦0.6cm横3.0cm(長さは120cm以上)の薄板を購入して
29cmを4本に切ってもらいます
可能であれば29cmの角材と同じ長さに切ってもらいます
3、プラダンは窓の大きさより大きいサイズを購入(黒がおすすめ)
4、プラダンと同じ色のビニールテープ(絶縁テープ)1個
5、木工用ボンド(一番小さいもの)
6、持っていなければカッターナイフ
7、クッション材2種類 幅2.5cmで硬いもの30センチ、柔らかいもの60cm
2〜6までで2千円位です

木材とプラダン

木材とプラダン

STEP.2
木枠の製作
ファンを先に置いて囲うように木材を置き4箇所を木工ボンドで接着します
ボンドは多めにつけ乾いたあとではみ出したボンドをカッターで削ります、下にラップを敷くとはみ出したボンドがラップにつかず便利です
※見本の作成なのでPCファンは2号機のファンを一時借りてます

木工ボンドで接着

木工ボンドで接着

乾いたら薄板を木工ボンドでこんな感じに貼付けます

薄板の貼付け

薄板の貼付け

STEP.3
クッションの貼付け

上下にクッションを貼り付けます
下の硬い方のクションには窓ガラスがはまる溝をカッターで切ります、上の柔らかいクッションは2重にします

下側クッション

クッション貼付け

STEP.4
目隠しの製作
プラダン」を窓の形に切り取ります上を1センチ位ガラスより長くします
ゴミ袋を開いて水に濡らしてガラスに貼りサインペンで形をとると楽にできます

プラダンの加工

プラダンの加工

型取り風景

型取り

ガラスに印

取り付け位置にテープでガラスに印を付けておきいつもこの位置に取り付けます

内側から印

ガラスを換気扇を挟んだ位置まで開けて(18cm位)内側からプラダンにも印を付けます

ファンを付けた目印の位置に置く

ファンを付けた目印の位置に置き、切取る位置に線を引きます5mm位大きく切り余裕を持たせて取り付けやすくします

ビニールテープを貼る

換気扇が入る位置にビニールテープをこんな感じで両側から貼ります、テープが見やすい様に赤のテープを使っていますので黒のプラダンに黒のテープがおすすめです

STEP.5
車への取り付け
ガラスに挟んだ状態

窓ガラスに挟んだ状態、窓を少しずつ上げて調整してください、前後に軽く揺らして固定しているのを確認します

完成

目隠しをはめ込んで完成です、フリードスパイクは内側が複雑な構造なので見本作成で表側に付けてます、色は見本が見やすい様にグレーと赤にしています。

STEP.終了
これで完成です
USBファンであれば中でモバイルバッテリー に繋ぐだけです、あとは好みで塗装などの仕上げをすれば良いかと思います
スライドドアでも取り付けたまま開けることができます

注意
製作は自己責任でお願いします
木工用ボンドだけでも接着できますがネジか釘も使えばさらに安心です

最後まで見ていただきありがとうございます

関連記事
氷点下3℃で燃焼実験 カセットボンベ(CB缶)を冬にテスト、イワタニが防災用におすすめなわけ 道の駅発祥の地 道の駅豊栄(とよさか) 「タイムズのB」で車中泊をしてみた、車中泊はどこでする? モコモコしてますが畳むとこんな感じです 車中泊快適化アイディア 車中泊用ベッド 側面のレイアウト(助手席側) 日本一周の経験から軽トラキャンピングカーの室内レイアウトを考える