車中泊快適化アイディア 炊飯器で同時調理

初回投稿日 2019年07月19日
最終更新日 2021年09月20日

車内めしの工夫 同時調理器具の製作

KOIZUMIライスクッカー用同時調理器具の条件

車内炊飯器のジェーピーエヌさんの「タケルくん」には

多機能蒸器の「ムスヨ婆さん」があって便利ですね

「ムスヨ婆さん」レベルまでいかなくても同時調理できる程度のものを作りたいと思います
今回は一人旅で車内炊飯で使用します、条件とまではいかなくても希望としては

  • ご飯が美味しく炊けること、余計な味が付かないこと
  • 身近な食材で作れること
  • あまり制作費がかからないこと

同時調理器具の材料

まずはホームセンターや百均でベースになる金属ざるを探しました

炊飯器の内釜を持ってぴったりサイズの金属ざるを探してうろついていました

写真の金属ざるは取っ手を切り落として手で成形してます
ざるの深さは6.5センチ位が良い様です

材料の金属ザル

材料の金属ザル

同時調理器具

同時調理器具

こんな大きさに作るとゆでタマゴが3個位同時に作れます
しかしゆでタマゴやレトルトパックだと良いのですが

汁があるものはご飯に落ちてしまうのでもう一工夫必要でした

「パール金属ちょっとプラス ステンレス製 調味料ボールを見つけました

お湯の2倍〜5倍の熱量のあるといわれる蒸気で調理する方式なのでボールの上に網が見えないと食材に蒸気が届かず加熱が弱くて調理が上手にできません。

ステンレスボールをセットした状態

ステンレスボールをセットした状態

完成したと思ったのですが、すごく困ったのが熱いミニボールを取り出す方法です

ミニボールは食器も兼ねているので取り出さないといけないのですがザルとの隙間が小さくて熱くて、しかもこぼれるのであまり傾けられず取り出しに困ってしまいました

そこでこんな取っ手を作ってみました
食材が多いときに食材が蒸気口を塞がない様に蓋をするザルから外した取っ手を再利用しました

ミニボール用取っ手

ミニボール取り出し用取っ手

 

ミニボール用取っ手

ミニボール用取っ手

レシピ作りにチャレンジ

ハーフベーコンとタマゴ

材料と作り方
・タマゴ
・ハーフベーコン
・あればミートソースまたはケチャップ

1.ミニボールにハーフベーコンをしきます
タマゴが直接ボールに触れない様にした方が後かたづけが楽です
2.その上にミートソースかケチャップを適量入れます
3.その上にタマゴを割り入れます
4.炊飯器にセットして15分でご飯と同時に完成です。

朝ごはんにオススメです

ゆでタマゴ

ゆでタマゴは3個までできます、残念ながら半熟にはなりません

ゆでタマゴ

ベーコンと冷凍ブロッコリー

朝ごはんにオススメです

ベーコンと冷凍ブロッコリー

冷凍肉入り野菜

カット野菜や冷凍の野菜類は同時調理で十分に火が通ります、栄養分も失われません

冷凍肉入り野菜

冷凍えび蒸し餃子

ほとんどの冷凍シュウマイや冷凍餃子は同時調理でちょうど食べごろになります

冷凍海老蒸し餃子

冷凍海老蒸し餃子

レトルトカレーやレトルトパウチ

ほとんどのレトルトカレーやファミリーマートの「お母さん食堂」などのレトルトパウチはそのままではサイズが大きいので入りません、袋からミニボールに移して調理すると食べごろに出来上がります。

水蒸気で調理するのでちょっとだけ水分が多くなった気がしますが私には丁度いい感じです

レトルトパッケージのハンバーグとカットキャベツ(生)を同時調理した様子です、どちらにも丁度いい出来上がりです、そしてミニボールはそのまま食器となります。

ハンバーグとカットキャベツ

ハンバーグとカットキャベツ

MEMO
普段の炊飯は1人前0.5合です、水を10%位多めにして炊きます、1合以上炊く時や冷凍食品の量が多い時は同時調理でなくアルポットの蒸し機能を使った方が良いようです。

旅の調味料にはミニパックが良いようです

マヨネーズやケチャップなどの開封後は要冷蔵になるものは小分けパックが旅には向いてるようです

最後まで見ていただきありがとうございます。

関連記事

KOIZUMIのライスクッカーで車内炊飯車中泊快適化アイディア 炊飯器選び同時調理冷凍焼き野菜とミートボール車中泊快適化アイディア 車中めしメニュー(炊飯器同時調理編)アルポットの場所車中泊快適化アイディア アルポットで蒸し料理サブバッテリー3号機実体配線図車中泊快適化アイディア サブバッテリーシステム3号機配線図