車中泊快適化アイディア 車中めしメニュー(炊飯器同時調理編)

初回投稿日2019年08月16日
最終更新日2020年01月23日

自作の炊飯器同時調理器を使って作る「時短」「ヘルシー」調理の紹介です

若い頃は旅行中の食事は何でも良かったのですが年齢と共に食事にも気を使う様になりました、旅の支度として車内で作れて時間がかからず、ヘルシーで安く作れる食事を何種類か試してみました。

使用するのはこちらのKOIZUMIライスクッカーと自作した同時調理器具です

同時調理ゆでタマゴ

同時調理器具 網のみ

ミニボール用取っ手

同時調理器具 網とミニボールと取っ手

0.5合の炊飯で15分位で炊き上がります、15分のスチームの加熱でできる調理を考えます。

ハーフベーコンと卵

材料と作り方
・タマゴ
・ハーフベーコン
・あればミートソースまたはケチャップ

1.ミニボールにハーフベーコンをしきます
タマゴが直接ボールに触れない様にした方が後かたづけが楽です
2.その上にミートソースかケチャップを適量入れます
3.その上にタマゴを割り入れます
4.炊飯器にセットして15分でご飯と同時に完成です。

朝ごはんにオススメです

ゆでタマゴ

ゆでタマゴは3個までできます、残念ながら半熟にはなりません

ゆでタマゴ

ベーコンと冷凍ブロッコリー

朝ごはんにオススメです

ベーコンと冷凍ブロッコリー

冷凍肉入り野菜

カット野菜や冷凍の野菜類は同時調理で十分に火が通ります、栄養分も失われません

冷凍肉入り野菜

冷凍えび蒸し餃子

ほとんどの冷凍シュウマイや冷凍餃子は同時調理でちょうど食べごろになります

冷凍海老蒸し餃子

冷凍海老蒸し餃子

レトルトカレーやレトルトパウチ

ほとんどのレトルトカレーやファミリーマートの「お母さん食堂」などのレトルトパウチはそのままではサイズが大きいので入りません、袋からミニボールに移して調理すると食べごろに出来上がります。

水蒸気で調理するのでちょっとだけ水分が多くなった気がしますが私には丁度いい感じです

レトルトパッケージのハンバーグとカットキャベツ(生)を同時調理した様子です、どちらにも丁度いい出来上がりです、そしてミニボールはそのまま食器となります。

ハンバーグとカットキャベツ

ハンバーグとカットキャベツ

MEMO
普段の炊飯は1人前0.5合です、水を10%位多めにして炊きます、1合以上炊く時や冷凍食品の量が多い時は同時調理でなくアルポットの蒸し機能を使った方が良いようです。

最後まで見ていただきありがとうございます

関連記事
アルポットの場所 車中泊快適化アイディア アルポットで蒸し料理 同時調理器具 車中泊快適化アイディア 炊飯器で同時調理