Rinkerの商品リンクでホームページの手直しをしました

初回投稿日2021年10月03日
最終更新日2021年10月03日

足が痛くて歩けないのでホームページの手直しをしました

やっと緊急事態宣言が解除されます、足の痛みもひいてきて普通にトレーニングが出来るくらいになってきました

足が痛くて歩くのが辛いときにホームページの手直しをしました、あっという間に一週間すぎました
ホームページの製作は初心者はわからない事があると調べるのに何日もかかるんです(泣)

Rinkerというプラグインを使ってみました

道具や材料の紹介リンクを変えました

今までは製作したときの材料や使った道具などを紹介するのにAmazonのリンクを利用してました
画像とリンクを2つコピーしていました

編集画面はこんな感じになって訳がわかりません

見やすくてAmazon以外でも検索できる無料の「Rinker」というプラグイン(スマホで言えばアプリ)を使ってみました
詳細をお知りになりたい方は(Rinker公式サイト)でご覧ください

編集画面はこれだけです

本当はこの様に価格を表示する機能を使いたかったんですがRinkerを入れただけでホームページの表示が遅くなってしまって価格表示をするとさらに遅くなるのでやめました

今回過去の記事を手直しをしていてAmazonの取り扱いが変更になってリンクが無効になっていたのが結構あったんですがRinkerだと教えてくれます

Rinkerの不便なところ

Rinkerは無料で使えてリンク作成もあっという間にできて良かったんですが後から欠点に気がつきました

商品の販売がメインで作ってるホームページだと問題がないので事前にYouTubeなどで調べたときにはわからなかったようです

・ホームページの表示が少し遅くなった

・価格を表示させるようにするとさらに遅くなる

・商品リンクをクリックするとAmazonに移動してしまう
(PCで別ウインドウで開かないので自分のホームぺージが残らない)

・WordPressでホームページ制作をしていること(クリア
(カエレバというのを使ってる方も多いようです)

・Amazonでアソシエイトに合格していてリンクでの売上があること(クリア

ホームページの表示が遅くなる対策はホームページを開いたときに商品情報にアクセスしないようにしました
価格が表示できずリンク切れチェックもできないですが仕方ありません

リンク切れはたまに再取得をしてチェックすることにします

ホームページが別ウインドウで開かないのは有料のnote記事でPHPを買えば良いようです

価格も良心的でしたがPHP(プログラムみたいなもの)の一文字を直すだけで良いようなのでmain phpで「felse」を「true」に書き換えました

アップデートがあるたびに確認が必要なので面倒になったら有料のPHPを使います

YouTubeのRinnker導入の解説動画はこれを参考にしました


Googleの広告を再開しました

以前に広告の比率が多くなりすぎて停止した記事中のGoogleの広告ですがこんな案内が来ました

アカウントが停止されそうなので再開しました、以前より記事中の広告の比率は下がったようです

最後まで見ていただきありがとうございます

関連記事

Googleアドセンス合格アフィリエイト収入で旅ができるか調べましたアフィリエイト収入で旅ができるか(途中経過)