軽トラキャンピングカー製作10 歪みの修正と壁の製作

初回投稿日2021年05月25日
最終更新日2021年05月25日

ついにシェルが立ちあがって全体像が見えました

うまく起こすことができてちゃんと自立するかな?、すごい緊張の中で横になってたシェルを起こしました、想像以上に簡単にあっけなく起こすことができてちゃんと自立してほっと一息です

シェルを起こして歪みを修正しました

シェルを起こしてブロックを使って水平にしました、当然ですがこの状態だと歪む力が働かないので作業がやりやすいです、2人いれば最初からこの状態で始められて余計な苦労をしませんでしたね「寝転び工法」失敗です

雨男の私ですので晴天でも雨対策は万全です、うまくいくか心配で緊張していたのかこの状態まで何も撮影してませんでした

水準器を使って水平垂直を測って歪みを修正してから次の作業にうつりました

こちらの面にはまだ壁がなくて不安定でしたが後ろの様に仮止めの釘が打てないので仮設の壁を作りました

壁のランナーの取り付け

屋根や床を作ったのと同じ手順で壁用のランナーを取り付けます

壁用のランナーの取り付け

壁用のランナーの取り付け

ランナーは横の角スタッドに軽天用RSビスで固定しますので横の角スタッドの補強になります、同時に4本の柱にもこんなふうにビスを打ち込みますので固定金具の役割もしますランナーの取り付けが進むとちょっとグラグラしていたシェルががっしりしてくるのを感じます

今日はひたすらランナーの取付で軽鉄用RSを打ち込みます、今日の作業の途中で120本入りの軽鉄用RS一箱を使い切り、ダイソーのドリルビットも5本ダメにしています(ダイソーのドリルビットは100円とは思えない丈夫さと性能ですがセッカチな私が力を入れすぎて折ってしまってます、日々のトレーニングの成果が変なとこに出てます)

途中ですが疲れて今日の作業は終了です、結構な作業量でしたが進んだ感じが全くしないですね

最後まで見ていただきありがとうございます

関連記事
軽トラックのサイズ、スズキのHPより引用させていただきました 軽トラキャンピングカーを作ろうかな(基礎知識と何でかな〜編) キャンピングシェル側面 軽トラキャンピングカーを作ろうかな(設計編) 軽トラキャンピングカーを作ろうかな(最終検討いくらかかる編) 側面のレイアウト(助手席側) 日本一周の経験から軽トラキャンピングカーの室内レイアウトを考える