軽トラキャンピングカー製作21(床とクロスフローファン)

初回投稿日2021年06月07日
最終更新日2021年06月07日

画期的なキャンピングシェルを作ってみたい

この後壁を張ったり後部の壁面を作るのに床面を固定する必要があり床のクロスフローファンの取付部分を製作し床を本固定します

今回の画期的ポイントの換気能力2倍が達成できてるかも確認できます

クロスフローファンの取付部分の製作

最初に換気口部分にクロスフローファンの土台を取り付けました

床にクロスフローファンの入る穴を開けます、長いところは丸ノコでカットします

短いとこはジグソーでカットしました

最後にヤスリで微調整してクロスフローファンが入るのを確認します

完成した状態がこちらです

床の完成とクロスフローファンの動作テスト

床をボンドとビスで本固定します

床が完成しました、この上にタイルカーペットを敷くだけです

ついでにベッド部分の床も固定します

 

床にタイルカーペットを敷いた完成状態での吹き出し口の高さや風量の確認をします、最初は9Vで動作確認しましたが12Vを引いてパナソニックの換気扇と風量を比べます

パナソニックの換気扇も吹き出し口をこちらに向けてますので比較しやすいです

あくまでも感覚ですがクロスフローファン1台でパナソニックと同等でしたので2台あるので2倍程度の能力があると思われます

このクロスフローファンの課題は運転音が大きいことです、今回は壁に埋め込んでどのくらい静かにできるかのチャレンジもします

最後にバンク部分の天井を1枚張るのに1時間悪戦苦闘して力尽きました

天井のしくじり部分はダイソーで見つけたにゃんこシールでカバーすることにしました、遊び心とか癒しとかもっともらしい理由を付ければいいかな
粗が多いのでシールも多いです

最後まで見ていただきありがとうございます

関連記事
3号機電気系チェック 車中泊用換気扇にクロスフローファンとプロペラファンどちらが良いかテスト