午前に和歌山ラーメンを食べて午後に徳島ラーメンを食べる

初回投稿日2020年06月21日
最終更新日2021年09月16日

和歌山市で観光してフェリーで四国の徳島県へ

MEMO
これまで北海道・東北・北関東・甲信越地方などを旅をして【寝れる道の駅】を探すのに苦労したことは無かったのですが静岡県ー三重県ー和歌山県【寝れる道の駅】探しは苦労しました、この地域は人口や観光客が多すぎるんだろうなと思います。この辺りは国のGoToキャンペーンが始まってからホテルなどが良いかもしれません

和歌山市で観光

今日は晴れたので和歌山市で観光です
朝ホテルに車を置いて和歌山城まで歩きます

復元された天守閣を目印に歩きます

復元された天守閣を目印に歩きます

忍者君にポーズをとってもらって記念撮影

忍者君にポーズをとってもらって記念撮影、足が切れちゃった

和歌山城は再建された城です

和歌山城は再建された城で外から見るだけでも良いかも

和歌山中華そば 丸美商店

人気の丸美商店は和歌山駅の中にあります、今まで食べた和歌山ラーメンとはコクが違います

和歌山ラーメンと早なれ寿司

「和歌山ラーメン」780円と「早なれ寿司」100円(薄く切った鯖がのってます)をいただきます、テーブルに寿司や卵やおにぎりがあり、替玉もあります(有料)ラーメンの文化の違いを感じます。

食事のあとは巨大観音で有名な紀三井寺へ

食事のあとは金色の大観音で有名な紀三井寺へ、この後200段くらいの階段が待ってます

これが有名な金色の大観音像です

これが有名な金色の大観音像です、ズ〜と拝んでいる方がいて空かないので次へ

参拝客で混雑してました、観光というより霊場何ですね

参拝客で混雑してました、観光というより本当の霊場なんですね

和歌山市の観光マップ

和歌山市の観光マップ目立ったところが少ないので観光は終わり、日帰り温泉が多数です

フェリーで四国へ

田舎者なので車で大阪経由で四国に行くのは怖いのです、車間距離とか東北のゆったりしたとこで生きてきましたからね
金額や時間が同じ位で行ける徳島行きフェリーに乗りたいと思います
電話がゆながらないので直接乗船券売り場に行ってみました

和歌山港の徳島行きフェリー乗船券売り場

1時間後のフェリーに乗れました

同じ事を考えた人たち

同じ事を考えた人たち

景色が楽しめて、電源がある特等席を確保、2時間ほどの船旅ですが列車の様な座席や寝そべるスペースなどがありました

景色が楽しめて、電源がある特等席を確保、2時間ほどの船旅ですが列車の様な座席や寝そべるスペースなどがありましたので楽ですね

2時間ほどで徳島市に上陸

まずは徳島城跡へ

徳島城公園はとにかく広い

徳島城公園はとにかく広い、徳島城は駿府城と山城の二本松城を合体させた様な城なので天守閣跡までがとにかく歩いてその後で登るという所です、トレーニングで走ってる方がとにかく多かった

徳島城とこどっこい坂

徳島城とこどっこい坂、何だこれは

階段300段位の坂を登ったら天守台でした

階段300段位の坂を登ったら徳島市内を一望できる天守台でした裏道だったんですね、帰りは正面の石段を降ります

そして昼ごはんと晩ご飯です

Google マップで評判の良い

Google マップで評判の良い麺王さんへ

徳島と言えば徳島ラーメン

徳島と言えば徳島ラーメン、徳島駅前には店が乱立してますが人気店の「麺王」で食べました、美味しいですが一緒にご飯や替玉が欲しくなりますね

恐る恐る駅近くの400円温泉へ

恐る恐る駅近くの400円温泉へ、脱衣場のロッカーの鍵が全部壊れていて空いているロッカーを見つけるまで開け続けるのです、昔の人情がある時代がまだ残っていました

晩ご飯は美味しそうな匂いのするこちらへ

晩ご飯は美味しそうな匂いのするこちらへ、名前の通りゆずが売りの様です、私の後に続々とお客さんが入ってきましたので人気店の様です。

ネギマは玉ねぎが挟んでます、キャベツとゆずが添えられてます

阿波鳥のネギマは玉ねぎが挟んでてキャベツとゆずが添えられてます、そして普通の焼き鳥より大きく2倍くらいかな美味しいです、また食べ始めてからパチリ。

阿波鳥の皮

阿波鳥の皮ですこちらも同様に大きいです、こちらも美味しい

カツオの炙りです、薬味が塩・ねぎ・ニンニクがお好みでゆずの汁をつけて食べます

カツオの炙りです、薬味が塩・ねぎ・ニンニクがお好みでゆずの汁をつけて食べます、美味しいです

やっと美味しいものがたくさんある街に来ました
旅でオアシスを見つけた感じかな

最後まで見ていただきありがとうございます