小峰城と白河ラーメンと格安キャンプ場(山本・聖ヶ岩)

初回投稿日2020年05月31日
最終更新日2020年06月13日

棚倉城と百名城小峰城に行って白河ラーメンもいただき格安キャンプ場も2つ下見して来ました

棚倉城(あだ名は左遷城)

Google マップ
小さな城址ですが左遷城のあだ名に興味がありました
棚倉城は茨城との県境近くで勿来の関と白河の関の間に位置してます
棚倉城は戊辰戦争で官軍に攻められ今はお堀が残っているだけです
ここが左遷城とあだ名されるのは不始末をして減封や改易(今で言う左遷)にあったことのある城主が多かったからと想像されます

その筆頭が現在の棚倉城を作った丹羽氏です
丹羽氏では丹羽長秀が有名でゲームの「信長の野望」にも出て来ます
信長の安土城築城の奉行を務めたり清洲会議でも重要な役割を果たしていますよくいう百万石の大名でした

後に棚倉城と白河小峰城を築城する長男の丹羽長重は一旦は大名ですら無くなり、ゼロから這い上がって棚倉城主その後白河小峰城主になるという逆転劇があったのです
その子の丹羽光重が石垣の立派な二本松城の城主です
サラリーマンで言えば江戸時代の「半沢直樹」なのです

棚倉城址案内図

棚倉城址案内図、お堀の一周には15分位かかり思ったよりも規模が大きいです

こんな大きいお堀に囲まれてます

こんな大きいお堀に囲まれてます

土塁に囲まれた中はこんな感じ

土塁に囲まれた中はこんな感じで割と広いです

白河小峰城

Google マップ

小峰城案内

小峰城案内です丹羽長重が城と町を作り、松平定信が財政を立て直して発展させた様ですどちらも全国的に有名です

資料館の模型

資料館の模型です、当時はこんなに規模が大きかったようです

再建された三重櫓

再建された三重櫓、天守閣が無かったのでその代わりのシンボル的な存在で実は物置で使われていたらしい

棚倉から白河に向かう途中で行列の店があったので入りました

手打中華たいち

Google マップ

たいち看板

たいち看板、11時から16時までの営業で火曜日休みのようです

手打ち中華そば 710円

手打ち中華そば710円です、コロナ対策かレンゲが入って出てきました、スープが美味しくて手打ちの面がよくあっていて何度でも食べたくなる味でした

格安 町立山本キャンプ場


棚倉町立のキャンプ場です、手前には有名な山本不動尊(へのリンク)があってこちらの社務所で手続きをするようです、ホームページにキャンプ場の情報も載ってます

山本不動尊

山本不動尊

手前の売店の分かれ道

手前の売店の分かれ道です、申し込みと駐車が右で荷物を下ろすときは左に行きます

第一キャンプ場

第一キャンプ場はきれいな川を渡ったところです、車からリヤカーで荷物を運びますが苦にならない距離です

 

テントは点在して張れます

テントは点在して張れます、炊事場とトイレも整備されてます

私の感想です

アクセス 白河ICから直線で23キロ
(3.0)

料金 格安
(4.0)

環境 
(4.5)

トイレ 水洗和式
(3.0)

総合
(4.0)

格安 聖ヶ岩ふるさとの森キャンプ場

聖ヶ岩ビジターセンターで受付します(0248-46-2471)ホームページは今ダウンしているようです
ビジターセンターでは薪などが手に入り、シャワー設備(有料)もあるようです、私のドコモの携帯は圏外でした

環境が良いです

環境が良いところです

テント場近くまで車で行けます(駐車場は別)

テント場近くまで車で行けます(駐車場は別)

炊事場もトイレも整備されてます

炊事場もトイレも整備されてます

利用料は格安です

利用料は格安です

私の感想です

アクセス 白河中央ICから直線13キロ
(3.0)

料金
(4.0)

環境 
(4.5)

トイレ 水洗洋式
(4.0)

総合
(4.5)

最後まで見ていただきありがとうございます